逃れられない

スポンサーリンク

昨日、ハルカの毎朝の送迎について
施設のカウンセラーに相談しました。

急な電話にも関わらず
時間を割いて話を聞いていただきましたが
最終的には自分に返ってきてしまいました。

相談

施設にはだいたい月一ペースで通い
都度相談をしてきました。

しかし、9月は予定が詰まっていて
次回の相談は10月末です。

そこまで待っていられる状況でもなく
夫婦で悩んでいても解決しないので
私が電話をすることになりました。

サポートとみるか

私たち(というより妻)が気にしていたのは
送迎をすることが「甘やかし」になるのか
という点でした。

学校は自分で行くのが当たり前、なのか
特性のある子に対してサポートと考えれば
送迎して学校に行けるならそれでよいのか。

カウンセラーから指摘されたことを
ざっくりまとめるとこんな感じでした。

———
そもそも物理的に対応が無理なら
要求されることもないのでは。

今はお父さんが行ける状況だから
わかっていて甘えている部分はあるだろう。

ハルカは今ストレスも抱えていて
何かあれば行けなくなるかもしれないから
サポートと考えれば方法としてはあり。

ただ、お父さんも毎日では大変だし
毎日必ず必要というわけではないので
一定の線引きは必要だと思う。

あとは、お父さん次第
———

子供たちに関しては妻に判断をゆだねて
それとなく決定を避けてきたのですが
今、逃げられないところに来てしまいました。

やっぱり、さじは投げられません。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ