助けたくない

スポンサーリンク

ハルカは今日も当然のように
車での送迎を頼んできました。

雨が降っていたせいか
最初から自力で行く気は
これっぽっちもなさそうでした。

我慢

一方のカナタは何事も言わず
静かに家を出ていきました。

今日は天気が悪かったので
自分も送ってほしかったと思いますが
我慢して出ていきました。

妻の出勤時間との兼ね合いで
どうしてもカナタの出たい時間には
送ることができません。

そのような事情があるにせよ
カナタは文句を言わず
自分で学校に行きました。

親も人間

そういう二人の姿を見ていると
親も人間なので
自然と対応の仕方は変わります。

特に妻はカナタに同情的で
何かあれば自然と助けたくなるようです。

親ならそれが当然のことだと思います。

しかし、ハルカは日ごろの要求が多すぎて
嫌気がさしている部分もあるのか
うんざり、という感情が先に来るようです。

私も同じように思います。

自分で頑張ろうとしない人を助けたくない
と思ってしまうのは
育てられ方の問題もあるかもしれません。

親だからこそ、ありのままを全肯定して
受け止めることが本来は必要なのでしょう。

それでも、日頃のハルカの様子を見ていると
素直に助けたいと思えなくなっても仕方ない
と思える自分がいます。

だからだめなのかもしれませんが・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ