高望み

スポンサーリンク

ホームステイの件が気になって
学校に問い合わせをしました。

無理な話

ハルカの話を素直に聞くと
すぐ返事が必要そうな言い方でした。

しかし、ハルカの話は
だいたい水増し傾向にあります。

お客様用の部屋もない小さな家で
日本語があまり通じない赤の他人を
長期間預かるのは大変な負担です。

それを何の覚悟も協力する気もなく
軽い気持ちでただやりたいというハルカに
即答などできるはずがありません。

ハルカにきいても埒が明かないので
仕方なく私が学校ヘ電話しました。

お願い

担当の先生はお忙しい中
丁寧に話を聞いてくださいました。

話の経緯を聞くと
まだ立ち話レベルだったらしく
時間的にはまだ余裕がありました。

受け入れるにあたっての不安点は
お話をうかがってほぼ解決しました。

しかし、一番の懸念点はハルカです。

今のままでは親の負担ばかりかかって
ハルカに何も残らないという不安を含め
ハルカの様子も伝えました。

そして、何のために受け入れたいのか
根本的な理由や意義も含めて
ハルカと話してもらうようお願いしました。

現状でもすでにあふれているハルカに
これ以上新しいことをやらせるのは無理、
と私は思っています。

やるにしてもどうしたらできるのかを
先生の力を借りていいので
自分で真剣に考えて私達に提案して欲しい。

それができるなら
協力できることもあると私は思っていますが
高望みしすぎでしょうか…。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ