ずるい先生

スポンサーリンク

今朝カナタの話を聞いて
思わず苦笑いしてしまいました。

部活

昨日はカナタは部活の試合がありました。

そこで、妻がカナタに
今日の部活の有無を聞きました。

というのも
これまで試合翌日の月曜日は
練習がなかったからです。

カナタの回答は
やる気があれば自分たちでやってよいと
先生に言われたとのこと。

そう言われたらやるしかないよね・・・
とカナタは言っていました。

明日は祝日で水曜日は定休日だから
今日行かないと3日何もしないことになる、
だから行ってくる、と言って出ていきました。

自分では別に試合には出たくないし
選手にもなりたくないと普段は言っています。

しかし、今日のような状況でも
部活に行こうという気持ちがあるのは
本当は試合に出たいのだと思います。

入部当初のやる気を覚えているだけに
そういう気持ちがあるのは嬉しいと
私は思いました。

もっとも運動部経験がなく
スポーツに興味が全くない妻には
気持ちがわからないようでしたが。

ずるい先生

それにしても気になるのは
「やりたければやっていい」と言って
自分は放置している顧問の先生です。

きっと仕事が忙しくて
部活に時間をかけられないのかもしれません。

しかし、自分は全然部活に来ないのに
生徒たちがやる気がないということを
平気で言うような顧問です。

今日も試合の直後だったら
試合で気づいた点の修正とか
そういうことをやればよいのにと
思ってしまいます。

自分のやる気のなさを
生徒のせいにしているのが
ちょっとずるいような気がします。

仕事が大変であっても
生徒のやる気が出るような環境だけは
何とか作ってほしいものですが・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

学校生活
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ