意外な才能

スポンサーリンク

カナタは時々意外?と思えることを
学校でやってきます。

考えていないのに

小学校の頃は市の巡回展に
習字や絵が何度か展示されました。

習字は幼稚園のときに
少しだけペン習字を習ったくらいで
特別何かしたわけでもありません。

図工の成績が特別よかったことは
一度もありませんでした。

にもかかわらず
そんなことが何度かありました。

中学になってからは
俳句のコンテストに入賞して
本に掲載されたことも。

ちなみにその俳句は
締切直前の5分間くらいの思い付きで
書いたとのこと。

何かを表現することにおいて
意外と評価されることが多いです。

思い込みをやめる

意外、と思ってしまうのは
カナタが人の機敏や裏を読み取るのは
苦手なほうだからです。

ドラマを見ても小説を読んでも
登場人物がなぜそうしているのか
わからないことは多々あります。

一緒にドラマを観ると
何度も解説が必要になることもあります。

しかし、創作活動をすれば
人に何かを感じさせるものができるのは
何か才能があるのかもしれません。

勝手な思い込みはよくない。

カナタの俳句が載っている本を見て
あらためてそう思いました。

次はどんな意外性を見せてくれるのか
ちょっと楽しみです。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。