少しずつ

スポンサーリンク

ハルカの希望通り
留学生の受け入れを決めてから
一週間が過ぎました。

定員超過

その時点ではまだ余裕があったのに
今週になって定員がいっぱいになった
とハルカが言っていました。

準備をするならタイミングとしては
ぎりぎりな感じだったことを思うと
他のご家庭も同じように考えていたのでは
と思います。

昨日も自分は何とか間に合って
友達が間に合わなかったということを
延々と話していました。

その様子を見ていると
もし間に合わなかったらと思うと
怖くなりました。

そんなハルカの様子ですが
話し合いの翌日から
少しずつ変化しているように見えます。

目的に向かう

妻はもっとも気になる夕食の準備を
ハルカができるようにと
毎晩のようにハルカに声をかけて
やり方を教えています。

それに対してはハルカは文句を言わず
取り組んでいます。

そのほかの家事も決定以降は
今のところあまり文句を言わず
手伝うようになっています。

受け入れという目的があるから
やっていることはわかっていますが
目的に向かって頑張れることは
いいことだと思っています。

これが留学生が来て
その後帰ってからも継続することを
私は願っているのですが
果たしてどうなるでしょうか・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。