後ろめたさ

スポンサーリンク

子育てに正解はないといいますが
本当にそうだと日々思っています。

一生懸命

妻は忙しい仕事の合間に
発達障害の勉強をしています。

勉強会や講演会に参加したり
本を読んだり一生懸命です。

人生で一番勉強したのが
運転免許の学科試験というくらい
いわゆる勉強はしていません。

子供のためなのか自分のためなのか
ちゃんと聞いたことはありませんが
とにかく一生懸命です。

知識が増えている分
学校に対して求めるレベルも
高いような気がします。

私ならそれを言っても・・・と思って
言うのをためらいそうなことでも
それが子供のためと信じていれば
躊躇せずに言っています。

子供に対する姿勢には
私は頭が上がりません。

後ろめたさ

私はそういう妻に子供たちのことを
任せてしまっています。

妻には申し訳ない気持ちはありますが
そのほうが物事が円滑に進むことも多いので
そうしています。

それが本当はダメだと思いつつも
日々の仕事のことで頭がいっぱいで
子供のことを考える余裕がありません。

とはいえ、妻の学校に対する要望は
私から見ると望みすぎに思えることが
しばしばあります。

ただ、妻に任せている後ろめたさがあり
私は自分の考えを素直には話せません。

結局妻の言う通りに私が動くか
黙って見ているかの二択なのが
ここ数年の状況です。

このままいくとどこで何が爆発するか
という不安を常に抱えながら
今日も過ごしています。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ