3分しか持たない

スポンサーリンク

年末の緊迫感あふれる掃除のなかで
やっぱり・・・と思わされることが
ありました。

お手伝い

小さいうちから
もっと手伝いをやらせればよかった
と今更思っても、もう手遅れです。

手伝わせようとするとケンカになったり
あまりにも不器用で余計大変になったり

という今考えれば
子供なら当たり前のようなことでしたが
その状態に親のほうが耐えられなくて
いろんなことをやらせずにいました。

また、自分ができるから
相手もできるだろうというような
乱暴な頼み方をする傾向があったのも
よくなかったと思っています。

そんなこともあり、成長した二人は
決して喜んで手伝いをするタイプの
子供にはなっていません。

しかしそれは
親の自業自得の結果ではあります。

アルバイト

そんな二人にこの冬休みは
自分の部屋の片づけに加えて
大掃除の手伝いを頼みました。

妻が少しでも二人のやる気を出そうと
手書きのタイムカードを作り
時給制でやらせることにしました。

ハルカは留学生の話もあったので
今回はあまり文句も言わず
よく働いていました。

カナタにはできるだけ簡単な仕事を
依頼したつもりでしたが
それすらやらせるのが大変でした。

インフルエンザ明けだったことや
留学生のことなどで
気持ちが不安定だったこともあり
やむを得ない部分はありました。

しかし、作業を始めてから数分で手が止まり
全然作業が進みません。

3分程度しか続けられないのでは
予定していた時間で作業は終わりません。

結局、追加の作業を頼むのはやめたので
大きな混乱は起こらず済みました。

収穫

ハルカは結果的にほぼ一日働いたので
一ヶ月のお小遣い以上を稼ぎました。

使い道を制限されないアルバイト代を
予想外の金額で手にしたハルカは
とても嬉しそうでした。

留学生が来る、という理由があって
今回は手伝いを頑張りましたが
今年の年末はきっとそうはいかないと思います。

勉強を理由にしてやらなさそうです。

一方のカナタはこづかい帳をつける前提で
少額ながらアルバイト代を渡す予定でしたが
未だに手元に渡せていません。

カナタが手伝いをしないのは
不気味なことを自覚しているのと
できない様子をハルカに見られると
余計なことを言われるのが分かっているから
という理由もあります。

私にはそれがわかっているので
なかなか頼みにくいと思っています。

それでも、何もやらせなければ
今度はハルカから苦情が出ます。

今回の一連の様子を通して
手伝いをする、しないと単純に考えるのではなく
ハルカとカナタそれぞれの問題と
二人の間の問題、さらには親の問題と
課題を分割して考えないとだめということを
あらためて認識しました。

手探りの試行錯誤はこれからも続きます。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ