償い

スポンサーリンク

昨夜のことです。

ここ数カ月の間ゲームのこと以外で
私に声をかけたことがなかったカナタが
自ら私のところにやってきました。

驚き

「これわからない」と言って
カナタが持ってきたのは
数学の問題集でした。

カナタが勉強のことで私を頼るとは!

中1の頃はそれでも時々ありましたが
中2になってからは記憶がありません。

もちろん臨時休校中でも
そんなことはありませんでした。

休校中はゲームの時間も固定され
ほぼ唯一の会話になっていた
ゲーム時間の延長についても
話す必要がなくなりました。

そんな状況だっただけに
何が起こったのか
一瞬理解できませんでした。

正直、中学3年の数学なんて
もう教えられないかもと思いましたが
構わずカナタは質問してきます。

後悔があるから

幸いにも質問の内容が
平方根の計算問題だったので
何とか理解させることができました。

カナタも素直にありがとうと言って
納得して部屋に戻ったので
よかったのだと思っています。

私は子供たちが小さいころ
自分のことで精いっぱいでした。

それで、声をかけられるのが苦手で
せっかく頼ってきた子供たちを
ずっと突き放してきました。

今思えば子供たちが小さいころに
もっと話を聞いたり一緒に遊んだりして
時間を大切にできなかったのか
後悔しかありません。

その後悔があるので
今は子供たちから何かを頼られたら
とにかくまず話を聞くことを
意識しています。

自然にできればよいのですが
今は意識していないとだめなので
毎日気をつけています。

そうやって幼かった頃に
してやれなかったことの償いが
少しでもできればよいのですが・・・。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ