自衛策

スポンサーリンク

カナタが食事のとき以外は
極力自分の部屋から出なくなって
ずいぶん経ちました。

それはカナタなりの理由があって
そうなったということを
つい最近知りました。

こもっている理由

少し前に妻がカナタから聞いた話です。

カナタとハルカのケンカの多くは
ハルカがカナタに絡んでいくことが
原因になっていると私たちは考えています。

実はカナタはそれを感じていたようです。

自分の部屋にいるのは
ハルカとの争いごとを避けるために
カナタなりに考えた自衛策だったのです。

もともとカナタは療育に行っていたときも
他者への攻撃性は低いと言われていて
自分が原因でもめ事を起こすことも少ない
というのがカウンセラーの見解でした。

きっかけ

そのきっかけになった事件は
私たちが思っていたよりも
もっと前に起こっていました。

以前テレビ番組の録画に関して
言い争いになったときのことです。

言いがかりをつけて怒ったハルカが
カナタが大切にしていたDVDのディスクを
床にたたきつけました。

テレビの録画を取りだめていた
世の中に2枚とないディスクは
ケースともども割れてしまい
読み取りできなくなってしまいました。

このケンカが原因で
その後HDDレコーダーを
一人一台ずつ買うことになりましたが
今でもハルカが100%悪かったと思っています。

カナタはこのときから
ハルカに対する付き合い方を変えた
と妻に話していたそうです。

カナタの気持ちは
同じ弟である私にもよくわかりました。

二人の距離を取ったほうがいいとは
カウンセリングでも言われていました。

カナタがそれを私たちに言われることなく
自分で考えて行動できたのはすごいと
私がカナタを見直すきっかけにもなりました。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。