繰り返しの大切さ

スポンサーリンク

昨夜12時を過ぎたころに
カナタが私のところへ
ノートを持ってやってきました。

因数分解

持っていたノートは数学でした。

以前にも質問された
多項式の因数分解のやり方を
何問か聞かれました。

幸い私にとって
因数分解は得意な分野なので
苦労せずに教えることができました。

カナタは計算問題を解くときに
できるだけ簡単にやろうとして
逆に難しくしている(と私が感じる)と
中学受験のときに思っていましたが

久しぶりに勉強を見ると
基本的にはそれは変わっていません。

今回も少しの手間をかけたくないために
正しい解き方にたどり着けないようでした。

そして、全体的に演習量が足りない
というのをまたしても感じました。

とはいえ、私に質問するようになったのは
少しでも成績を上げようという気持ちが見られ
いいことだと思っています。

後はその時間ですね・・・。
12時過ぎはさすがに遅いです。

身につけたものは

私が因数分解が得意なのは
小学生の頃に公文をやっていたからです。

最初は新しく教室が始まった時に
兄が親から通わされていたのですが
後から私も始めることになりました。

その当時は計算が得意だった私は
比較的進度が速かったので
小学校を卒業するころには
中学数学はほぼ終わっていました。

因数分解や文字式の計算は
公文で相当な数繰り返してやりました。

そのせいか、今でも問題を見ると
何となく分け方の勘が働いて
すぐ方針を立てることができることに
今になって気づきました。

小学生の頃に覚えた歌を忘れないように
それは今でも身について残っていたようです。

もちろんそこに至ったのは
かなりの量の問題を解いたからです。

カナタはもちろん、ハルカは特に
どれか一教科だけでもよいので
そのくらい勉強して強みができると
大学受験にも役に立つと思っています。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。