どっちもどっち

スポンサーリンク

9月から通常授業が再開し
初日こそ歩いて駅へ向かったハルカでしたが。。。

元通り

翌日からはあれこれ理由をつけて
結局毎日駅まで車で送ることになりました。

荷物が重い、腰が痛い
歩いて間に合う時間に起きられない・・・

腰が痛いならストレッチを勧めても
筋を伸ばすと痛いなどなど
理由をつけてやろうとはしません。

そんなハルカを見て
妻は直接ハルカには言いませんが
イライラしているようです。

遠慮

臨時休校前には
朝になるとハルカとカナタの間で
車で駅まで送ることをめぐって
しばしばトラブルになりました。

私も朝から駅まで二往復するのは
正直面倒だったので
カナタの出発時間を
ハルカに合わせるようにさせていました。

しかし、もう同じ思いはしたくないし
カナタにも負荷がかかるので
私が考えを改めることにしました。

ハルカを送った後で
カナタがそれを望めば
カナタも車で送ることにしたのです。

果たしてカナタは
水曜、木曜と送りを頼んできたので
文句を言わず送ってあげました。

ところが、今日は私がごみ捨てで
家からちょっと出ていた間に
黙って出発してしまいました。

妻はカナタが出かけたことに
まったく気づいていませんでした。
(それはそれで別の問題がありますが)

どっちもどっち

あまりにも対照的な二人ですが
どちらがよいとも悪いとも言えません。

妻はあれこれうるさくない分
カナタのほうが楽と言い切りますが
逆に言わないことで
何を考えているかわからないとも言えます。

ただ、二人が異性であることが
きょうだいとしては良かったと思います。

そのことによって
最低限の線が引かれている気がします。

いい悪いではなく個性の違いとして
これを処理して対応するのが
私たちには必要なのだと思っています。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て 学校生活
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ