少数派

スポンサーリンク

今朝は軽いトラブルがあったのですが
それはどうやら私が原因だったようでした。

無意識のうちに

私としては軽い気持ちで口にしたことが
微妙なニュアンスの違いで伝わり
それがもとでカナタが機嫌を損ねて・・・

という流れだったと思います。

ただ、発端になった
(と後から妻に言われた)言葉は
怒って言ったわけではなく
事実を言ったまで、のつもりでした。

ところがその言葉を聞いてから
カナタの様子が変わったと
妻が言っていました。

最終的には問題にはなりませんでしたが
少し嫌な空気が流れたのは事実でした。

少数派

これまでにもこうしたことは
しばしば起こっていたのですが
私にはなかなかその自覚がありません。

たったそれだけのことで
カナタが不機嫌になるのでは
うかうか言葉を口にもできない・・・
と思ってしまいます。

妻はいつでもカナタよりなので
非難の矛先は必ず私に向きます。

とはいえ、そんな感じで
私が考えたり感じたりすることは
どうやら家の中では少数派なのだと
最近ようやく気付きました。

逆に、この家をトラブルなく回すのも
私次第、ということかもしれません。

それがいいのか悪いのか。

少し息が詰まるのを感じます。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ