やれるのか

スポンサーリンク

7時には起きると言っていたハルカは
ついさっきようやく起きてきました。

予定より3時間遅れの起床です。

朝のルーティン

以前も書いたことがあると思いますが
ハルカの朝はいつでもにぎやかです。

アラーム替わりの音楽が
スマホから何度も流れ始めると
曲を変えながら延々と続きます。

私や妻が何度か声をかけても
それで起きることは稀です。

発達の凸凹がある子供には
目覚まし時計の音が聞こえないのか?
という記事をWebで見つけましたが
ハルカがそれなのかはわかりません。

ただ、学校のように
遅刻の危機があってすら
なかなか起きられないハルカです。

誰にも強制されない休日に
自分を律して起きることは
やはり難しいのだと思います。

足りない

引きこもり受験生のハルカにとって
まずは決めた時間に起きることが
一日の予定をこなすためには必要です。

それが3時間遅れ。

もっとも予定がそもそも甘めなので
それでもまだ挽回できるのでしょう。

彼女の学力を考えると
一日十時間くらいは勉強しないと
本当に間に合わないと思いますが
ハルカにそれをいくら言っても
それは無理、と返してきます。

進学先を大学から変えたとはいえ
余裕で合格できるほどの学力は
残念ながらありません。

それなのに、です。

こういう自己認識の甘さが
今後どうなっていくのか
今日も不安を感じたまま
黙って見ている私です。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ