時代の差

スポンサーリンク

今日も子供たちの学校は在宅学習です。
朝からそれぞれオンライン授業中です。

気づき

カナタの部屋からは
授業の様子が聞こえてきます。

どうやら数学の授業のようです。

どんな授業をしているのかと
耳を澄ましていると
声から女性の先生だとわかりました。

ハルカも数学や理科を
女性の先生に教わっていますし
特に珍しいことではありません。

ですが、ふと思い出しました。

自分が高校生のときの先生は
ほぼ男性だった、ということを。

そういう時代とはいえ

30年以上前の話ですが
私たちの学年のクラス担任は
全員男性でした。

教科担任もすべて男性で
当時を一生懸命思い出しても
女性の先生がいたことを
思い出せませんでした。

比較的女性が多いと思われる
音楽や美術も男性の先生でした。

ただ、時代背景をよく考えてみると
私が高校生だったころは
男女雇用機会均等法が成立して
まだ数年後くらいのときでした。

一般企業では女性の総合職も少なく
社会進出はこれからという状況で
女性の高校教員もそれと同様に
少なかったのかもしれません。

それが当然の時代だったので
当時あまり意識していませんでしたが
今がより正常な状況なのだと思います。

自分の意識や考えは過去の経験にとらわれず
常にアップデートしないとだめだと
そんなことを思った朝でした。


 
本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ