在宅学習の実態

スポンサーリンク

緊急事態宣言の延長により
夏休み明けから始まった在宅学習も
早くも2週間が過ぎようとしています。

学習とはいえ

在宅学習の中心はオンライン授業です。

ただ、オンライン授業とはいっても
リアルタイムではないものもあります。

課題だけが出される場合は
提出さえすればよいので
授業時間に何をやっても構いません。

また、双方向の授業のときは
各家庭の生活音が聞こえることも
当然ですがあります。

そのあたりの事情は
テレワークで考えられるものと
ほぼ同じです。

そうなると、二人とも
本来授業のはずの時間を
それぞれのやり方で過ごしています。

何をしている?

ハルカは時間があっても
自室にいることが多いので
何をやっているかわかりませんが
必ず数回は昼寝しています。

それでいて、受験生でありながら
遅くとも12時前には寝ています。

カナタはどういうわけか
ゲームをしていたり
ピアノを弾いていたりして
全然勉強していない時間が
結構あります。

そして相変わらず夜遅くまで起きて
部屋で何かをしています。

明らかに勉強のときもありますが
たぶんそれだけではないはずです。

登校しなくてよい分
朝ゆっくりできることも
夜更かしに拍車をかけています。

こんな過ごし方を見ていると
やっぱり学校生活は優先度を上げて
社会で対応するべきだと思う
今日この頃です。


 
本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ