苦笑い

スポンサーリンク

土曜日はカナタは学校で
ハルカは休みです。

そのため妻と私はカナタに合わせて
平日と変わらない時間に起きます。

ハルカはその時々でバラバラです。

平常運転

今日は9時を過ぎてから
ようやく起きてきました。

平日早起きしていた分
疲れも溜まっているのかもしれません。

とはいえ7時から目覚ましをかけていたので
寝坊するつもりでもなかったはずです。

起きてきたハルカは
特に急ぐわけでもなく焦る様子もなく
普段通りに朝ごはんを食べていました。

不機嫌になるよりはよほどましですが
あまりに緊張感がないのもどうかと
思ってしまうこともあります。

真意はどこに

一方、ハルカが起きる2時間ほど前のことです。

ハルカの受験日までのカウントダウン用に
妻が作った日めくりも残り少なくなりました。

朝ごはんを食べながら
妻が日めくりをめくるのを見ていたカナタが

もうすぐ受験なんだよね?

と一言。

そうだよと答えると
何故か苦笑いのような笑顔で
黙ってご飯を食べていました。

その様子がおかしくて
何だか私も苦笑いしてしまいました。

さて、カナタの苦笑いの意味は
何だったのでしょうか。


 
本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

大学受験 子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ