やばいのはどっちだ

スポンサーリンク

昨夜ちょっとしたことで
ハルカとカナタが険悪な空気になったのですが
そこで改めて気づいたことがありました。

だいたい揉め事になるときは
それぞれの正義がぶつかって
収拾がつけられなくなります。

客観的に見れば
どちらにも問題があって
譲り合うことができれば
解決する話なのがほとんどです。

しかし、正反対の性格の2人が
折り合いをつけるのは難しく
なかなかうまくいきません。

それでも後で話を聞いたときに
2人には大きな違いがありました。

ハルカはそのときは怒りに任せて
カナタを罵る言葉がすらすら出てきます。

それも執拗に言い続けてしまうので
必要以上にカナタを怒らせます。

なので、大抵はハルカのせいで
状況がさらに悪くなります。

ただ、後で落ち着いてからは
自分にも悪いところがあったときは
それを認めることができます。

しかし、カナタには
そういう思考がありません。

絶対自分が正しいと思ったら
いくら客観的な材料を並べても
それを修正できません。

最近、正しい批評や批判すら
誹謗中傷になってしまう状況を
よく見せられている気がしますが
カナタにもそういう気質があります。

ハルカは外ではうまくやっていて
ある程度使い分けができますが
カナタはいつでも変わりません。

社会に出たときに困るのは
間違いなくカナタです。

そのことに改めて気づいた
昨夜の出来事でした。


 
本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ