避けられてる?

夏休み中のカナタとテレワーク中の私は
日中共に家にいる時間が長いのですが
実際ほとんど会話がありません。

スポンサーリンク
 

家の中にいても

私は仕事なので(合間に家事もしますが)
基本は自分の机に座っています。

一方のカナタは特に縛りはなく
どのように過ごしていてもよいので
ある程度好きにしています。

私が定期的に出社する仕事なら
きっと一人を満喫できたはずなのに
そうできないことに
本当は不満があるかもしれません。

なのでカナタが何をしていても
よほどのことがない限り
何も言わずに存在を消しています。

昼食も妻が用意してくれたお皿を
それぞれのタイミングで温めて食べるので
一緒に食べることがありません。

そして、リビングにいても
ゲームをしているとき以外は
私が来ると自分の部屋に戻ります。

まるで避けているかのようです。

比較

私が高校生の頃を思い出すと
父は単身赴任で平日は不在でした。

スポンサーリンク

夏休みも部活や文化祭の準備などで
自分が家にいることが少なかったにしても
父と過ごす時間はほぼありませんでした。

時々赴任先から帰宅した休日も
何かの予定を作っては外出するので
当時父との会話は極めて少なかったと思います。

それに比べるとカナタと会話をする機会は
当時の私と父とは比較にならないほど多いはずですが
実際はあまり変わらない気がします。

食事の時などは饒舌に話をするのに
日中は目を見て話をすることもなく
避けられているような気配を感じるのは
なぜだろうと思ったりもします。

半面、この年頃の男子が
父と仲良しというのも
きっと気持ち悪いような気もします。

必要なときには声をかけられますし
実際頼られることもあるので
そういう距離感でもいいのかと
今は思っています。


 
本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク