切り替えられない

夏期講習受講中のカナタは
昨日から授業が再開したので
午前中から出かけていきました。

スポンサーリンク
 

夏期講習

講習には雨が降らない限り
自転車で行っていますが
出発はいつもギリギリです。

それでも何か言うと怒るので
基本は放置しています。

昨日も授業開始時間から逆算すると
もう出発すべき時間を過ぎても
自分の部屋を出る気配がありませんでした。

いくら何でもそろそろ声をかけた方が・・
と思っていた矢先に

やばい!

と慌てて部屋から出てきました。

着替えもしておらず
外出準備もできていない状態です。

すでに時間的には自転車では
絶対に間に合いません。

スポンサーリンク

結局妻に泣きを入れて
行きだけ車で送ってもらいました。

それでもギリギリすぎて
一分遅刻したようでした。

気持ちはわかるけど

昨日は妻が仕事休みの日だったので
車を出すことができましたが
そうでなければ
一分どころの遅刻ではすみませんでした。

妻が車の中で事情を聞いたところ

解きかけの問題があって
どうしても途中でやめられない

ということでした。

その気持ちはわからなくはありません。

そういうあきらめの悪さ的なものがあるから
勉強もこれまでできているとは思います。

ただ、今何が重要なのか
優先順位を考えて動くことが
これからはより求められてきます。

カナタにはまだまだ難しい課題ですが
それに巻き込まれるのは私たちなので
そろそろ自覚して修正してほしいと思っています。


 
本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク