休日くらいは

いつもは愚痴ばかりのハルカですが
ここ最近は少なめです。

夏休みになって外に出る機会が少ないので
それは当然のことかもしれません。

スポンサーリンク
 

外出するだけで

以前カウンセリングの先生に言われたのは
外に出て生活をすることだけでも
ストレスがかかっているのではという話でした。

自分ではできないことが多いわりに
周囲ができないことには敏感だったり

周りの友達と比べて
雰囲気を察することができて
先回りして対応してしまったり

自分が思っていたより
友達が成績がよかったり

そういう自分と周囲とのギャップが
ハルカのストレスになっているようです。

ギャップが生じるのは
ハルカの自己認知と実際の姿に
ずれがあるからと言われていました。

スポンサーリンク

本人にはその自覚がないからこそ
モヤモヤやイライラがたまって
それがストレスになります。

だからこそ自分を正しく理解しないと
不必要なストレスや悩みを抱えます。

そこがなかなか難しいハルカにとっては
家で愚痴を話すことが
精神的なバランスを保つ方法になっています。

こうして学校のない日が続くと
その違いは目に見えてわかります。

ハルカも徐々に自分を理解して
色々気を付けているところがあるのは
私たちから見てもわかります。

ただ、日々新しいことがある学校生活では
常に負荷がかかった状態です。

せめて休みの間はリラックスして
生気を養ってほしいものです。


 
本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク